不眠症対策はカフェインで

 

みなさんは、不眠症対策にカフェインが関係しているのを知っていますか?

 

寝る前に、コーヒーを飲むと寝られなくなると言う事を聞いた事はあるでしょう。

 

良く耳にするこの話ですが、本当の事なのかどうかは、分かりませんね。

 

しかし、あながち嘘ではないのす。その理由は、カフェイン。お茶やコーヒーに含まれているカフェインなのです。

 

しかし、このカフェインを摂取すれば身体や精神を興奮状態にさせる効果があるので、夜眠れなくなると言う事なのです。

 

また、眠れなくなるのは、カフェインだけではなくて、香辛料等の刺激物も影響しているのです。

 

ですから、摂取する時には、摂取し過ぎに、気を付けておく必要があります。

 

では、不眠症で悩んでいる人は、半年〜1年ほどはカフェインの摂取を控える様にしてみましょう。

 

不眠で、自律神経に障害が出ているならこれ以上、つまり1〜2年位カフェインを摂取する事を控えてみてください。

 

コーヒーが好きな人には、長い事飲めないのは辛いかもしれませんが、不眠で悩んでいるよりも良いと思うので、少し我慢して取り組んでみてください。

 

では、カフェインの摂取をしなくなると、どうなるのでしょう。

 

眠れなくて、イライラする事も無くなり、眠りにつくのが早くなったり、ぐっすり眠れたりするので、体調も良くなってくると思うのです。

 

カフェインが含まれているのは、決してコーヒーだけではありませんよ。お茶や紅茶、意外な所ではココアにも含まれているので、カフェインを摂取しないのは、かなり厳しいかもしれません。

 

最近では、カフェインレスのコーヒーがあるので、カフェインレスの飲み物を探して飲んでみると、そんなにストレスが溜まらずに済むかもしれませんよね。